ミュージカルで人生に彩りを!
劇団四季作品

浅利慶太追悼公演 劇団四季ミュージカル「エビータ」

劇団四季ミュージカルエビータ再演

 

昨年亡くなった劇団四季創設者のひとり

浅利慶太氏の追悼公演「エビータ」が再演中です。

 

東京・自由劇場で開幕し(2019年6月17日(月)~7月7日(日)千穐楽)

8月12日(月)に千穐楽を迎えました。

 

2019年8月25日(日)からはいよいよ全国公演がスタート!

 

全国公演スケジュール

 

 

大都市だけではなく、地方都市にも演劇を届けたいという

浅利慶太氏の意向が反映され、北は北海道から南は沖縄まで

文字通り全国で公演されます。

 

劇団四季ミュージカル「エビータ」ストーリー

 

1952年7月、大統領夫人エバ・ペロン死去。享年33歳。
厳かに運び込まれる彼女の棺。

エバの国葬が行なわれている。国民は希望を失い、悲嘆に暮れている。
その傍らには、この狂乱を冷ややかに眺めているチェの姿があった。
チェは思っていた。

エビータと呼ばれ愛されたエバ・ペロンは、祖国アルゼンチンと、民衆の期待を裏切って、自分ひとりが栄華をほしいままにして、今、世を去ったと。

 

エビータは、1919年5月7日、ブエノスアイレスから150マイルほど離れた、パンパ(アルゼンチン地方特有の草原地帯)の寒村に生まれ、エバ・マリア・ドゥアルテと名づけられた。私生児だった。

 

1926年、幼い頃から貧困とその惨めさを嫌というほど味わってきたエバ。貧しさゆえ、私生児ゆえに蔑まれた経験は、彼女の中で中流階級への敵意となって根付いていった。
富と名声に憧れ、首都ブエノスアイレスに思いを馳せるひとりの少女が、そこにいた。

 

1934年エバ15歳。生まれ故郷のナイトクラブで知り合ったタンゴ歌手、マガルディと共に、都会ブエノスアイレスに出て来た。野心を抱いたエバは、男から男へと渡り歩きながら人生の階段を登っていく。

 

ラジオを通じてスターとなったエバは、福祉大臣ペロンとチャリティ・コンサートで出会い、たちまち意気投合。1946年、労働者の心を掌握したペロンは大統領に就任、エバも念願のファーストレディの座を手に入れる。

 

泣かないで アルゼンチーナ
この身 果てるとも 心から結ばれた 永遠の仲間たち
これだけなの この世に残しておきたいのは
たったひとつのまごころを あなたのもとに

 

死を目前にしたエバの脳裏を、過ぎ去った様々なできごと、栄光に満ちた日々、様々な人々の姿がよぎっていく…。

 

 

劇団四季ミュージカル「エビータ」初日キャスト

 

自由劇場開幕時の初日キャストはこちらです(敬称略)

エビータ:谷原志音
チェ:芝 清道
ペロン:佐野正幸
マガルディ:髙橋基史
ミストレス:藤原加奈子

【男性アンサンブル】
成田蔵人
光田健一
石川敦貴
ビョンヒサン
内田 圭
鈴木涼太
髙橋祐樹
伊藤潤一郎
新井 克
伊藤駿佑
河田拓也
宮下友希
二村誠俊
深堀拓也
若山展成

【女性アンサンブル】
渡辺智佳
髙岡育衣
平田愛咲
平田曜子
伊藤瑛里子
町島智子
廣本則子
坂本すみれ
石戸瑶子
榊山玲子
髙田直美
辻 奈々
大石眞由
小林由希子
柴本優澄美

 

劇団四季ミュージカル「エビータ」デビューキャスト

 

主演のエバ・ペロン役には

江畑晶慧さん・・「ウィキッド」エルファバ役・「キャッツ」グリザベラ役など

谷原志音さん・・「リトルマーメイド」アリエル役・「ウィキッド」グリンダ役など

鳥原ゆきみさん・・「美女と野獣」ベル役・「サウンドオブミュージック」マリア役など

と実力派揃いのキャスト候補となりましたが

初日は谷原エバでした!

 

 

エバ役の3名は今回の公演の出演候補キャストです。

※江畑さんは名古屋公演でデビューしました。

 

 

チェ役には

芝清道さん・・「オペラ座の怪人」ファントム役・「リトルマーメイド」トリトン役など

飯田洋輔さん・・「キャッツ」オールデュトロノミ―役・「壁抜け男」ディテュイル役など

光田健一さん・・「ノートルダムの鐘」フィーバス役・「オペラ座の怪人」ラウル役など

 

芝さんはこれまで何度もチェ役を演じているベテランです。

新旧の歌姫・・・ではなく歌王??さんが勢ぞろいというところですね!

 

劇団四季ミュージカル「エビータ」チケット情報

 

公演地・日程によってはまだ空きがあります。

期間限定の「エビータ」ぜひお楽しみください。

劇団四季公式サイトはこちら